小林製作所

食品・化粧品・輸送用プラスチック容器・トレイの製造なら小林製作所へ

真空成形で作るプラスチック製品とは
お見積
お問い合わせ
会社概要

小林製作所トップページ > 成形製品について > 真空成形で作るプラスチック製品とは

真空成形(真空成型)とは
真空成形(真空成型)とは、熱可塑性樹脂シートを加熱軟化させ、軟らかい間に形を整え、冷却して成形する熱成形法の一つで、プラスチックシートを熱して軟らかくしたものを、空気の圧力によって引き伸ばし、型に吸いつけ密着させることで成形する方法です。
成型後は製品形状ができたシートを抜き型にて不要部分を取り除き、製品を完成させます。
真空成形(真空成型)は主に化粧品のケース、冷凍食品の容器、コンビニエンスストアのお弁当容器、工業部品のトレーなど、主に包装資材、精密部品の輸送、食品トレーなどに良く使われます。
真空成形(真空成型)は凹凸どちらかの片側形状のみの金型で成形可能となり、金型に大きな力が加わらないので金型材料の自由度が大きく、他の成形方法よりも安価に金型を作成することが可能です。
真空成形(真空成型)のメリット
  • 他の成形方法よりも比較的小ロット生産が可能。
  • 試作品を短期間で製作でき、試作費用が安い
  • 金型製作コストが安い
  • 試作型の材質選択が木型や樹脂型など選択可能
  • 様々な形状が出来る。
  • 大型サイズ、薄肉成型が容易にできる
  • 部分的なデザイン変更が比較的容易
  • 大型サイズ、薄肉成形が可能
真空成形(真空成型)の方法
真空成形(真空成型)の方法
製品製造までのフローチャート
製品製造までのフローチャート
詳しい流れを見る
真空成形(真空成型)で作るプラスチック製品の原料
真空成形(真空成型)で作るプラスチック製品はロール状のプラスチックシートを加熱させ成形を行うため、使用素材が熱可塑性樹脂でなくてはなりません。
熱可塑性樹脂にはPVC(塩化ビニール)、PET(ペット)など様々な素材があり、作るプラスチック製品の求めているもの(耐久性・耐熱性など)と予算にあわせて選定する必要があります。
原料について
真空成形(真空成型)で作るプラスチック製品
原料について 冷凍食品のトレイやコンビニ弁当の容器、化粧品ケースや精密部品の輸送用トレイなど真空成形(真空成形)で製造するプラスチック製品は様々な用途で使用されています。
また、用途に合わせて原料素材は選定することもできます。
小林製作所ではプラスチック食品容器や部品トレイはもちろんのこと、高さ約200mmの高さのある特殊形状のプラスチック製品を製造することも可能です。
容器・トレイ 特殊製品
お問い合せ
会社概要